イメージ

想定“外”を、
想定“内”

NEWS

  • 2018.4.24
    2018年3月 本社を大阪市中央区森ノ宮に移転
  • 2018.3.28
    太陽光発電システム、電気工事、施工事例を更新しました。

キャスター付蓄電システム: POWER YIILE 3(パワーイレ・スリー)

POWER YIILE 3

今日から電気と安心を備蓄しませんか

「POWER YIILE 3」は、エリーパワーが2010年に初めて発売した室内用キャスター付蓄電システムの3代目モデル。サイズはコンパクトになり軽量化され、性能は大きく進化しました。ユーザーのニーズに応えた最新の機能と、IoT時代にフレキシブルに対応できるクラウド管理機能を備えています。オフィス・テナント・介護施設・医療現場などのさまざまな場所で「POWER YIILE 3」は幅広く活用されています。

電気と安心をためる

防災三種の神器

そもそもキャスター付蓄電システムって何ですか?

「POWER YIILE 3」は、エリーパワーが2010年に初めて発売した室内用キャスター付蓄電システムの3代目モデル。サイズはコンパクトになり軽量化され、性能は大きく進化しました。ユーザーのニーズに応えた最新の機能と、IoT時代にフレキシブルに対応できるクラウド管理機能を備えています。オフィス・テナント・介護施設・医療現場などのさまざまな場所で「POWER YIILE 3」は幅広く活用されています。

非常用電源があるから大丈夫なんじゃないの?非常用電源があるから大丈夫なんじゃないの?

「消防法」「建築基準法」により大きな建物に設置が定められた防災用の自家発電設備のこと。非常用照明・スプリンクラ-・非常口誘導灯・排煙装置・防災シャッターなどを30分以上稼働できる電源です。
非常用電源はオフィス機器の電源として利用できない場合がほとんどです。

  • 持ち運びに優れたコンパクトサイズ
  • 静かな運転音を実現
  • 組立て・工事不要で簡単設置
  • 安心の「高安全」・「長寿命」の蓄電池
  • 安心の最大10年無料保証
  • 節税対策
  • 24時間365日遠隔でモニタリング
  • 安全性の高い蓄電池セル
  • スマホやタブレットで簡単操作

接続機器の消費電力量(目安)

※消費電力はおおよその目安です。製造メーカーや機種によって消費電力は異なります。

「POWER YIILE 3」のバックアップ可能時間早見表

蓄電池システムのご活用事例

  • ご活用事例 1
  • ご活用事例 2

キャスター付蓄電システム: POWER YIILE 3(パワーイレ・スリー)

POWER YIILE 3
  • ボタン1つで簡単操作
  • コンセント2口(マルチタップ可)
  • LANポート
  • キャスター(ロック付)

■POWER YIILE 3 仕様表

寸法 【幅】320mm×【奥行】585mm×【高さ】514mm
質量 約52kg
蓄電池容量 2.5kWh
定格出力 1.5kVA/1.4kW
充電時間(AC入力時) 約4時間(工場出荷時)/約2時間(設定変更時※1※2
運転音 38dB以下
保証 無償保証期間3年(延長保証加入で最大10年)加入料無料、延長条件あり※3

※1.本製品のインターネット接続が必要です。また、設定変更にはスマートフォン、タブレット等を利用し、弊社指定のサーバーへのアクセスが必要です。

※2.本設定変更の場合、接続負荷に関わらず本製品の最大入力電力は15Aです。建物側の定格容量を超えないようにご注意ください。また、お客様の電力契約内容によっては、契約容量を変更等の工事及び手続きが必要となる場合がございます。詳しくは、販売代理店又は、エリ―パワーまでお問合せください。

※3.「パワーイレ・スリーごあんしんサービス」にご加入いただいたお客様を対象に、保証期間(無償)が3年間から最長10年間に延長される「延長保証」をご用意しています。

防災
対策防災
対策

東京都では、災害発生時に帰宅困難者となる社員が、3日間にわたり会社に待機できるよう備蓄をする条例(帰宅困難者対策条例・努力義務)が制定されました。
過去に警報などの情報収集を怠り、津波により利用者が死亡し損害賠償請求された裁判例もあります。人の命を預かる立場上、災害時の情報収集を怠ると情報収集義務違反に問われることがありうるといえます。災害時の備蓄といえば、水や食料、毛布等を思い浮かべますが、電気機器に囲まれた生活をしている我々にとっては「電気の確保」も不可欠です。

今まで停電対策といえば発電機が主流でしたが、東日本大震災の時、発電機の約30%が稼働せず、
発電機の安全神話は崩れさりました。「もしも」の備えに「もしも」があってはいけません。

防災対策に【可搬型 蓄電池システム】で電気と安心を確保する事をおすすめします。