太陽光発電システム

太陽光発電について

ソーラーパネルイメージ

太陽から放出される光エネルギー(再生可能エネルギー)を利用して、主に屋根に設置したソーラーパネルで発電するシステムです。発電された電力はご家庭の電化製品に使えます。そして地球温暖化の原因でもあるCO2の排出量を抑え、環境にとても優しいシステムです。夜間に発電した電力を使う事により、電気料金が高い日中の電力消費を抑えるので電気代を節約できます。発電時は騒音もなく排出物もありませんので、ご近所に迷惑を掛けず安心して快適にご利用できます。普及を進めるため、国と地方自治体による補助金制度も存在します。

太陽光発電システムの仕組み

家庭用の太陽光発電システムは、屋根に設置された太陽電池モジュールに太陽光が当たる発電します。発電した電力は接続箱を経由し、直流電力をパワーコンディショナにより電力会社と同じ交流電力に変換し、家庭内のさまざまな家電製品に電気を供給します。

太陽光発電システム

  1. 1. 太陽電池モジュール 太陽の光エネルギーを直接電気に変換する装置。
  2. 2. 接続ユニット モジュールから配線されている複数のケーブルをまとめてパワーコンディショナに接続する装置。
  3. 3. パワーコンディショナ 太陽電池モジュールで発電した直流電力を、家庭で使える交流電力に変換する装置。
  4. 4. 電力量計 「売電」「買電」用の電力量計を設置し、余った電気は電力会社に売り、足りない分は購入します。

太陽光発電のメリット

最大のメリットはなんといっても自宅で電気を作ることができることです。電力需要時間の電力削減に効果があり、地球環境にも大きな貢献をします。また、余った分の電力は蓄電池を設置することで蓄電も可能です。

  • 電気料金の支出を大幅に削減
  • 温室効果ガス(二酸化炭素)の排出がない
  • メンテナンスはほとんどなく、寿命が長く故障しにくい
  • 設置導入に必要な条件が少なく、設置可能な面積・場所が多い
  • 国と地方自治体による補助金制度もあり
  • 蓄電池をつければ大きなメリット

蓄電池の設置でより大きなメリットが!

蓄電池イメージ

2太陽光発電で発電した電力を電気会社に買い取ってもらわず、蓄電池を利用して家庭で蓄電することをおすすめします。電力会社の買値価格が2019年以降安くなり、非常時に備蓄しにくい「電気」を確保することが可能です。

詳しくは蓄電池ページをご覧ください